ホーム > ジャパンミヤキの強み

ジャパンミヤキの強み

『考える技術者集団』株式会社ジャパン・ミヤキは、金属加工のスペシャリストです。
素材調達からアセンブリまでの一貫生産 中量ロット・工程管理が得意 ジャパン・ミヤキの提案

素材調達からアセンブリまでの一環生産

長年培った切削・研削の加工技術、摩擦圧接経験を主軸に、素材調達から加工・表面処理等を含む完成品まで、
一貫したサポートシステムでお客様のニーズにお応えします。

一貫したサポートシステムでお客様のニーズにお応えします。
PageTop

中量ロット・工程管理が得意

ジャパンミヤキではお客様のニーズに合わせた数量の生産に対応します。
単品から量産まで対応可能ですが、特に『中量数のロットが得意』です。

  得意 不得意 理由
メガサプライヤー 大量ロット 小〜中量ロット 自動化設備・専用ラインのため稼働率の落ちるロットは不向き
町工場 少量ロット 中〜大量ロット 試作単品は得意だが、数量規模が増えると対応できない
ジャパン・ミヤキは柔軟に対応
  • 「豊富な汎用機」で中ロットにも対応
  • 汎用性の高い「自社製ローダー」開発
  • 人件費を抑え、コスト面にも貢献
  •    
     
    単品・試作にも対応する
    本社工場
     
    量産ライン・専用ラインで対応
    する西工場
    さらに、ジャパン・ミヤキでは充実した間接部門がトータルで工程管理を行い、よりよい製品作りを支えています。
  • お客様の管理工数削減にも協力し、品質管理もサポート
    • お客様から戴いた図面に対し、ベストなものづくり工程を検討
    • 生産管理システムにより、日程管理・ロット管理をし、トレーサビリティにも対応
    • 製品完成までの品質管理も実施
    PageTop

    ジャパン・ミヤキの提案

    接合加工のソリューションとして、コストの低減・軽量化・異種金属の接合が可能とする『摩擦圧接』を提案します。

    摩擦圧接とは

    接合する素材(同材質・異材質)の一方を高速で回転、面で擦り合せ、その際生じる摩擦熱を利用し、素材を軟化させると同時に高い圧力をかけて金属同士を原子レベルで結合・接合させる「固相接合加工」が摩擦圧接です。

    摩擦圧接の特徴

    ①固相接合:接合する素材の融点以下の接合
    ②接合強度:同材質素材の場合は、母材同等の接合強度
    ③品質:条件を管理することにより、
    再現性が管理出来る。
    ④接合面以外への熱影響が少ない。
    ⑤回転を利用するため、少なくとも一方の素材は、円形断面が必要
    ⑥高圧力に耐えうる素材の強度が必要
     etc.

    SOLUTION 摩擦圧接のメリット
    1 軽量化
    パイプ材と丸材を接合することにより、部品の軽量化が可能
     
    2 異材質接合
    用途に応じて、異材質との組み合わせでの接合が可能
     
    3 素材・加工費削減
    異径材を接合することで、加工の効率化・材料費の低減が可能
     
    4 環境に配慮
    他の溶接方法の比べ、消費電力を抑えることができ、スパッタガスなどの発生もしないため、人にも環境にも配慮

    POINT
    • 摩擦圧接の特徴を踏まえれば、いろいろなソリューションを生み出す事が可能となります。

    詳細はこちらへ